カウンタ ― tCountet

カウンタは処理タイミング通知用のオブジェクトです。 ティックという単位で事象をカウントします。 カウンタは2種類あります。 ソフトウェアカウンタ

システムサービスでティックをインクリメントする
ハードウェアカウンタ
ハードウェア(タイマなど)がティックをインクリメントする

主にアラーム、スケジュールテーブルに接続して使用する。 .. todo:

to be filled in

使用方法

カウンタの生成

アプリケーション開発者は tCounter セルタイプのセルを生成することにより、カウンタを生成することができます。次の例では MyCounter という名前のカウンタセルを生成します。

app.cdl
cell tCounter MyCounter {
        *counterType = "SOFTWARE"
    minimumCycle = 10;
    maximumAllowedValue = "100";
};
tMyCellType.c
void eAlarmHandlerBody_main()
{
}

リファレンス

セルタイプ

celltype tCouter
カウンタの生成を行うココンポーネントです。
attr uint8_t id = C_EXP("$ID$")

カウンタのIDの識別子を指定します。

attr char_t * name = C_EXP("$cell$")

カウンタの名前を指定します。 指定しない場合、セルの名前が使用されます。

attr char_t * counterType = "SOFTWARE"
カウンタのタイプを指定します。
HARDWARE

ハードウェアカウンタ

SOFTWARE

ソフトウェアカウンタ

attr uint32_t minimumCycle

接続されたアラームがカウンタに指定できる最小周期値を指定します。

attr uint32_t maximumAllowedValue

カウンタのティックの最大値を指定します。

シグニチャ

signature sCounter

カウンタを操作するためのシグニチャ

StatusType signal(void)