TECS CDL の言語仕様として定義する型には、TECS CDL の文法に予め組み込まれた組込み型と、typedef による型定義によって後から付け加えて使用する typedef 型があります。

型の分類 型の小分類 型名 値の範囲 備考
組込み型 値の範囲が明瞭な型 int8_t -128 .. 127 8bit 有符号整数
int16_t -32768 .. 32767 16bit 有符号整数
int32_t -2147483648 .. 2147483647 32bit 有符号整数
int64_t -9223372036854775808 .. 9223372036854775807 64bit 有符号整数
uint8_t 0 .. 255 8bit 無符号整数
uint16_t 0 .. 65535 16bit 無符号整数
uint32_t 0 .. 4294967295 32bit 無符号整数
uint64_t 0 .. 18446744073709551615 64bit 無符号整数
float32_t ±3.4028235E38~±1.4E-45 32bit 単精度浮動小数 (IEEE754)
double64_t ±1.7976931348623157E308~±4.9E-324 64bit 倍精度浮動小数 (IEEE754)
char_t -128 .. 255 値としては 8bit 有符号、無符号の どちらも受けつける

値の範囲が明瞭な型

(C言語由来の型)

非推奨
char 実装依存  
int 実装依存  
short 実装依存  
long 実装依存  
float 実装依存  
double 実装依存  
typedef 型 t_stddef.h で 定義される型 int_t 実装依存  
uint_t 実装依存  
long_t 実装依存  
ulong_t 実装依存  
tecs.h で定義される型 short_t 実装依存  
ushort_t 実装依存  

組込み型

組込み型は、 TECS CDL の文法の一部として予め組み込まれた型です。 C 言語に由来しない型でも TECS CDL 記述内では typedef することなく使用できます。 しかし、C 言語のソースをコンパイルする段階では、組込み型を typedef するヘッダファイルがインクルードされている必要があります。 これは、ヘッダファイル tecs.h または t_stddef.h に記述されています。通常 import_C により、このいずれかを取り込みます。

C 言語に由来する型とは、char, short, int, long, float, double です。 このうち char, short, int, long は signed, unsigned で修飾することができます。 しかし TECS CDL で、すべての C 言語由来の型が扱えるわけではありません。 short int, long signed, unsigned など、C 言語では有効な型であっても、TECS CDL 有効な型とは限りません。

【補足説明】intN_t が組み込み型である理由は、最大値、最小値が明瞭になり、値の範囲をチェックできるためである。 intN_t を int や short などの型の typedef 型としてしまうと、最大値、最小値を tecsgen の段階では確定することができず、チェックできなくなってしまう。

typedef 型

ここに挙げた typedef 型は、TECS 仕様の一部とみなされる型です。 typedef 型は typedef により定義される型であり、ヘッダファイルを取り込んで typedef による型定義をしない限り使用することができません。

tecs.h と t_stddef.h

組込み型の C 言語での定義および、typedef 型を TECS CDL による記述で使用するために必要となる型の定義は、tecs.h に含まれます。 tecs.h は t_stddef.h をインクルードしています。 t_stddef.h は TOPPERS 新世代カーネル統合仕様に基づいて定義されるものであり、TECS で定義する型以外の型定義を含みます。

tecs.h では t_stddef.h で定義する型に加えて char_t, uchar_t, schar_t, short_t, ushort_t, int128_t, uint128_t が定義されます。

通常 TECS CDL による記述では tecs.h を直接的または間接的に import_C で取り込む必要があります。 ここで間接的にとは、import_C で取り込まれるヘッダファイルからインクルードされることであります。

【補足説明】typedef 型を TECS CDL による記述で用いないのであれば、必ずしも tecs.h を import_C で取り込む必要はないが、生成された C 言語のプログラムをコンパイルする際には、何らかの手段により tecs.h をインクルードする必要がある。 ターゲットがTOPPERS 新世代カーネル統合仕様に準拠しない環境である場合 tecs.h や t_stddef.h 以外で C 言語に由来しない組込み型や typedef 型の定義をし、それらを import_C により取り込んでもよい。