名前付けの慣習

名前付け規則は、TECS CDL 文法の一部ではなく、慣用的なものです。

TECS では、コンポーネント実装において、名前を連結したグローバル名を使用します。 このため不用意な名前を用いると、連結した名前が、衝突する可能性があります。 名前付け規則に従って接頭文字を付加することは、名前の衝突を避ける効果もあります。

接頭文字

要素 接頭文字 その他 備考
シグニチャ s 2文字目は大文字 sMotor, sLamp タスクコンテキスト
シグニチャ si 3文字目は大文字 siTask 非タスクコンテキスト (non-task)
シグニチャ sn 3文字目は大文字 snInit カーネル外コンテキスト
関数 なし 先頭は小文字 rotateRight  
引数 なし 先頭は小文字 goalPositionX  
セルタイプ t 2文字目は大文字 tMotor, tLamp  
セル なし 先頭は大文字 Motor,Lamp  
呼び口 c 2文字目は大文字 cMotor  
受け口 e 2文字目は大文字 eMotor  
属性 なし 先頭は小文字 countLimit  
内部変数 なし 先頭は小文字 upCount  

【参照実装における制限】定数は、上記の規則にはないが、属性、内部変数、関数の名前と重複しないこと。定数はヘッダファイルで define によって定義されるため、定数と他のものの名前が重複すると、Cコンパイラでコンパイルするときに、分りにくいエラーが発生する。

単語区切り

名前として、複数の単語を連結したものを用いる場合、以下のようにします。

  • 連結する単語の1文字目は、大文字とする
  • 単語と単語は直接連結する( ‘_’ などを置かない)

型情報

通常、型に関する情報を名前に含めないが、以下の場合には名前に含めます。

  • 属性、変数、引き数がポインタ型の場合、’p_’ を前置する
  • 属性、変数、引き数がパケットの場合、’pk_’ を前置する
  • 属性、変数、引き数がパケットへのポインタ型の場合、’ppk_’ を前置する

グローバル名

グローバル名は、主としてコンポーネント実装において用いられますが、TECS CDL の記述においても、一部グローバル名を指定する場合があります。 グローバル名は、属するネームスペース名にアンダスコア ‘_’ を付加したものを前置きしたものです。

グローバル名の凡例を以下に示します。

対象となるもの グローバル名
シグニチャ (ネームスペース名) + ‘_’ + (シグニチャ名)
セルタイプ (ネームスペース名) + ‘_’ + (セルタイプ名)
受け口関数 (ネームスペース名) + ‘_’ + (セルタイプ名) + ‘_’ + (受け口名) + ‘_’ + (関数名)
セル (リージョン名) + ‘_’ + (セル名)

ここで + は文字列の連結を表わします。

ネームスペースが親ネームスペースに属する場合、親ネームスペース名にアンダスコア ‘_’ を付加したものを、更に前置きします。 ルートネームスペースに属する場合には、ネームスペース名および ‘_’ を含みません。 リージョンも、ネームスペースと同様です。

呼び口関数には、グローバル名が与えられることはありません。 呼び口関数は、セルタイプコードの中でのみ用いられるためです。

【補足説明】セルのグローバル名は、セルタイプコードの中で用いられることはない。

【補足説明】シグニチャのグローバル名についても、TECS ジェネレータで生成されるヘッダファイル内で用いられるだけで、セルタイプコードで記述することはない。